HOME > イベントレポートブログ

月一演芸会(2月17日)

13/02/23

今回の演芸会は、三遊亭 ぬう生さん、柳家 喬四郎さんのお二人でした。

三遊亭 ぬう生さんのお題目は「代書屋」。代書屋とは今の行政書士、司法書士のことで大正時代ののんきなお話でした。代書屋を訪れる人たちとの会話がトンチンカンでユーモア溢れる楽しいお話でしたよ!

柳家 喬四郎さんのお題目は「厩火事」。あらすじは、ぐうたら亭主としっかり者の女房のケンカ話でした。ケンカをしながらも心の中では亭主を愛している女房でしたが亭主は、と言うとあくまでもぐうたら亭主だった…と女房の期待を裏切るオチがおもしろいお話でした。

落語の良さって、お話しを聞きながら場面を想像できる所だと思いませんか?また、落語家さんの表情や身振り手振りを見ていると、研究しているなぁ…と感心します。

イベント恒例の野菜販売も完売しました。皆様、ありがとうございました。今回は大根が人気者でしたねっ!

さぁ、来月のイベントは3月1日(金曜日)

マギー隆司さんさんのマジックショーですよ!!

是非、皆様のご参加をお待ちしています。

 


2月15日 勉強会のご報告

13/02/17

 先日ご案内させていただきました、エンディングノートの勉強会が2月15日、溝の口の「てくのかわさき」にて行われました。

当社スタッフ並木が講師を務め、今回のテーマは、「事前準備の必要性」でした。 

さて、どのような内容だったのか、少々ご説明させていただきます。

エンディングノートの内容は大きく分けて3部構成から成り立っています。

1.私の人生・・・自分の生い立ちと自分の未来について
2.私のお葬式・・・具体的にどのようなお葬式にしたいのか・・・
3.私の生老病死・・・命にかかわる病気や、介護が必要になった時の自分の希望について

皆様それぞれ興味をもたれる項目があったようです。戒名(法名)、延命治療、相続・・・などなど。

4月にもエンディングノート勉強会を行う予定ですので、是非ご参加頂きたいと思っています。

以上、勉強会のご報告でした。