HOME > スタッフブログ > 落語と講談の違いは?

落語と講談の違いは?

13/05/03

こんにちは!スタッフの田中です。

今日は、5月のイベントの『講談』について少しばかりご説明をします。

当社で行っている月一演芸会は、落語が多いのですが、年に何回かは落語以外の事をやっております。

その一つが今回の『講談』になります。

では、『講談』とは何でしょう?

 

「講談は歴史ものを中心とした物語を興味深く聴衆に聞かせる朗読劇のようなもの」

 

みたいです。(実は、私も初めて知りました・・・)

ここで、「落語も講談も一緒じゃないの?」と思われた方・・・はい、私もです。

実は、「落語」と「講談」には、こんな違いがあります。

 

  1. 「落語は登場する人物に演者がなりきり会話を中心に物語を進行していくのに対して、講談はあくまでも語り部として物語を進行します」 
  2. 「落語が話の「間」を重要視するのと対照的に、講談はしゃべりの「調子」と呼ばれるリズムを大切にします」
  3. 「落語には話しにオチがつきますが、講談は特にこれといったオチがつきません」

 

う~ん、当社の月一演芸会でも、何度か講談はあったのですが、まったく気がつきませんでしたよ。

どちらも日本の伝統芸能に数えられているわけですが、不思議と講談ってあまり馴染みがないですよね。

いや、もしかしたら、今まで知らなかっただけで落語だと思って聞いていたものが、実は講談だったのでは・・・。

とにかく、5月の高津斎場のイベントは『講談』です。

このブログを見た方は、『講談』が何かわかりましたよね?

それでは、是非とも聴きに来て下さい。

無料のイベントですので、どなたでもご参加頂けますよ。

受付などもありませんので、出入りはご自由に!

日時など詳細につきましては、こちら

 

あっ、ちなみに、講談師(または講釈師)さんって、女性が多いみたいですよ。

若手の講談師さんはほとんどが女性なんですって!

対照的に落語家さんは男性が多いそうですけど・・・。

いや、だから何って事はないですけど、女性の噺家さんって、珍しいと思っていたので、ちょっと以外でした。

 

 

メニュー

家族葬セットプラン一般葬セットプラン 一日家族葬セットプラン 火葬セットプラン
家族葬プラン 一般葬プラン 一日家族葬プラン
宗教者の手配

富士散骨

ファミリー倶楽部のご案内

お急ぎ:0120854733

資料請求・お問合せ イベントのお知らせ イベントレポートブログ お客様の声 会社案内 ペット同伴式場 スタッフ紹介
スタッフブログ

葬儀ローン

QRコード

川崎の葬儀・葬式・散骨の ファミリー・ホール高津斎場モバイル